給付金の請求方法

Posted by

B型肝炎の給付金は、受給資格に該当していても、しかるべき手続きを行わなければ受け取ることができません。具体的には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

相談給付金を請求するためには、B型肝炎にかかったことを証明するために、病院の記録検査結果等の証拠書類の収集を行う必要があります。その後、国に対して訴訟を起こし、和解が成立すれば、病状に応じて定められた額の給付金が支払われます。国がすでに賠償責任を認めているため、個人で訴訟を進めることも可能ではありますが、書類の作成や裁判所への出廷などの労力を考えると、弁護士に代行してもらった方が合理的であり、実際にほとんどの人が弁護士に依頼を行っています。

弁護士に依頼するに当たって、費用が心配な方も多いと思いますが、B型肝炎の給付に関する訴訟の場合、国が弁護士費用を一定額(給付金額の約4%まで)負担することになっています。証拠書類提出のための検査の費用なども、給付金の支払いに上乗せする形で大部分を負担してもらえるので、経済的に厳しくなることはありません。

多くの人にとって、普段はあまり縁のない弁護士相談や、訴訟を起こす手続きは大変なことのように思われるかも知れませんが、一定の期間が過ぎると受け取ることのできる給付金が減額されてしまうので、できるだけ早く弁護士にB型肝炎相談されることをお勧めをします。